片頭痛は治療すべき病気

このサイトについて サイトマップ

脳過敏症候群とは何か ⇒ 片頭痛は治療すべき病気


片頭痛は治療すべき病気、放置すると原因不明の耳鳴り

片頭痛の放置が原因 ←|→ 他の頭痛は?


片頭痛は専門治療が必要な病気。当然、専門医で無いと意味がない病気。
原因不明で耳鳴りの専門治療でも改善しない耳鳴りは片頭痛の仕組みを知ると理解出来ます。


区切り線


まずは片頭痛の発症のメカニズム


発症メカニズム

@ 脳血管にセロトニンが放出され、血管は収縮する。

A セロトニンが放出され尽くすと反動で血管が拡張。リラックスしても血管が拡張
B 血管壁が圧迫され炎症を起す。取り巻く三叉神経のセロトニン受容体も炎症

C 痛み物質が放出(まだ痛みは出ない。この時前兆症状が出る)

D 刺激(痛み)情報は後頭部から前頭部に伝達される。

E この時から痛みや随伴症状がでる。

以上が発症の仕組み。つまり血管拡張が危険で、副交感神経優位の状態が危険時期。

だから休日モードに切り替わった休日に 「 頭痛で休日がフイになった」 と言うことが起こります。


区切り線


脳過敏症への移行は何故起こる?


脳過敏症メカニズム

@ 片頭痛で痛みの情報は後頭部から前頭部へ伝達される。

A この時、外界からの刺激にも過敏に反応する様になってくる。

B 繰り返していると、脳のアチコチに過敏に反応する箇所が出来てくる。

C 痛みは薬で抑えても、脳の過敏状態は治療しないと取れない。

非常に簡単に要点だけ纏めました。原因不明の耳鳴りの方、あなたの脳は聴覚を支配する部分が

外の音に過剰に反応し、興奮して起こっています。

だから、耳鼻科をハシゴして耳鳴りを治療していても解決しない・・・理由です。


区切り線


頭痛、特に片頭痛は初期に治療すべき病気です。
数十年後に耳鳴りも発症させる恐い病気です。