片頭痛の放置が原因

このサイトについて サイトマップ

脳過敏症候群とは何か ⇒ 片頭痛の放置が原因


脳過敏症候群は片頭痛の放置が原因

50代以降の女性に多い ←|→ 片頭痛は治療すべき病気

原因不明の耳鳴り・めまい・不眠・イライラは片頭痛放置が誘発しています。

片頭痛はそれ程までに怖い病気なんです。世界診断基準でも頭痛自体が病気です。
片頭痛を治療していれば、耳鳴りは発症しなかった筈です。


区切り線


片頭痛を放置して来たなんて、身に覚えが無い?


「 放置 」 と言うと、片頭痛の方にしかられるかも知れません。

「 放置 」 とは、頭痛専門医の正しい治療を受けてこなかったと言う意味です。

市販の鎮痛剤で痛みを紛らわしてきませんでしたか? 病院で鎮痛剤を処方して貰いませんでしたか?

現在では、それが間違いである事は判っています。

日本頭痛学会も設立され、認定医も指定しています。昔は有りませんでした。
片頭痛⇒脳過敏症候群⇒耳鳴り・・・、こういう構図です。


区切り線


病院で処方された薬を飲んできました。でも、多分間違っています

頭痛で病院へ行かれた方もいると思います。

診察で尋ねられたと思います「 他に症状は? 」 これに 「 肩凝りです 」 と答えた方も多いと思います。

これが混乱の元です。片頭痛も前兆症状に肩凝りを伴います。

したがって医師も肩凝りによる頭痛だと思い、その鎮痛剤を処方したと思います。

結局、片頭痛自体の治療をして来なかった可能性が高いのです。


区切り線


その事と、脳過敏症候群との関係は?


片頭痛は頭を痛くするだけで無く、脳の興奮状態を引き起こします。

片頭痛が繰り返されると、脳の興奮状態は酷くなり、刺激にたいして過剰に反応します。

鎮痛剤では脳の過剰反応は治せません。残ったままでいます。

平衡感覚と司る部分が興奮すると目眩、聴覚を司る部分が興奮すると耳鳴り、感情を司る部分が興奮するとイライラ症状、などが出ます。

それで、今、耳鳴りの症状が出ています。

だから、耳鼻科を転々とハシゴして耳鳴り治療しても原因すら解りません。

正体は別にあるのですから・・・・・。



区切り線